2018年6月13日水曜日

千里浜 その2

千里浜を歩いているとウミネコがいた。それは先ほどアップしたのですが、近づくと飛び始めた。 飛んでいる鳥を撮ることは、まったくと言って良いほど撮影したことはない。 フォトンさんように行くかは分からないが、撮影してみた。 またこのレンズの良さが最近理解できた。 印刷してみると、意外と良い感じになるのですね。 モニターで見るより良い感じなので家族に好評なのでした。 それから一番上の画像は、あとから気が付いたのですが、面白い3羽ですね。 羽の動きが、面白いでしょう。一羽は上に羽をあげて、、一羽は羽を下ろして、そしてもう一羽は滑空している感じ。 ウミネコ羽ばたき三態という感じですね

東茶屋町

おなじみの東茶屋街を歩いた。金箔のソフトクリームを食べたい私。妻は、画像の豆乳ソフト、豆乳白玉入り抹茶かき氷。 私もそれを食べたが私の舌は豆乳ソフトは不満だった。 そこで、それは残して妻にすべて食べさせた。そして金箔ソフトクリームを食べた。これは美味しかった。値段も891円が890円になったが 凄い価格。金箔代なのだろう。 また、あまり人が来ない、こちらの主計茶屋街を歩いた。 そうそう思い出したことが。 かき氷を食べている時、どこからともなくお経が聞こえてきた。 「金沢の地だからかな?」と思っていた。 その後、お経を唱えている存在が分かった。それは豆乳ソフトクリームを作っている機械だった。 絶えず回転しているのだが、その回転音が遠くで聴くと、お経のように聴こえる。 お店の女の子に話をすると爆笑になった。(笑)

千里浜

千里浜という場があった。ここは砂浜なのだが、車が走れるほど固まっている、8キロに渡り海を見ながら走れる。

石川県 小旅行

久しぶりで夫婦で旅行。石川県へ。 羽咋市にある気多大社へ参拝。前田利家公や歴代の藩主が崇敬した神社。さらに入らずの森という貴重な森もあった。 昭和天皇はこの森に入られたようで御製を残されている。 この日は台風の影響で東京などは雨だったようだが、素晴らしい天気に恵まれた。

2018年5月26日土曜日

妻の田舎で

久しぶりの投稿です。妻の田舎に行きました。恵那神社や猫たちと対面。 子どもだった猫が1年で大きくなりました。 のびのびと育っていましたね。都会の猫が可哀相と思えるほどでした。 近くのボス猫と兄弟で喧嘩をしたようで、それぞれ後ろ足を噛まれてびっこになっていたのですが、翌日体調が悪くなり 急遽、動物病院へ行ったそうです。 ボス猫は歯磨きしていないので、菌が沢山いたのでしょうね。それで感染したようです。 抗生物質を投与されて元気になったとのことでした。

2018年4月29日日曜日

リンチ

福田元財務次官は辞任をした。 彼の顔つきはあまりよくない。また、あのような人物が財務省の顔であるのであれば日本未来は暗い。 高学歴な人が多い財務省であるが人間的に問題がある人も多いようだ。 さて、正体不明の女性記者に対するセクハラと言って騒いでいたが、マスコミを見ていると同じようなことを何度も何度も騒ぎ立てる。 まるで赤軍派のリンチのよう。 彼は人を叩くだけで良いと思っているようだが、それが果たして本当に正義と言えるのだろうか? 毎朝、暗いニュースを朝から流し続けて、人々に悪想念をまき散らいしている。 そんな悪想念を毎日発信して何をしたいのだろう? 彼らの目的が分からない。 もっと人が幸せになるようなニュースを見つけてこれないものなのかと思うのは私だけだろうか? マスコミの中にある風潮は、闘いなのだろう。平和が嫌いなのかもしれない。 公権力の監視という仕事はあるだろうが、それ以外については暴力にも等しいことを続けている。 猟犬のように取材対象に付きまとう姿は醜い極みにしか見えない。 それが仕事と言っているのだろうが、何とも醜い仕事である。 芸能人が浮気した、離婚したなども朝から流される。 それだけ平和ボケしているのだろ。国民を啓蒙できるようなマスコミはいないのだろうか? マスコミの仕事は毎回ワンパターンで面白くないものだ。 ネット社会になって、イカサマま事は出来にくいとは思うが、まだまだ多いことだろう。 毎日の朝の放送をみていると地獄のように思うこともある。 マスコミの世界は正義を気取った地獄なのだろう。

2018年4月24日火曜日

盗撮ならぬ盗録

下村氏の発言を共産党の小池なんちゃら批判している。被害者のと喋り出していたが、本当にいるかわからない女性記者を被害者と特定して良いのだろうか? 事実確認をしっかりした上での話ならまだ分かるが、週刊誌とTV朝日に踊らされているだけではないのか? ハニートラップとういうこともあるのだから、両面から考えてアプローチするべき問題ではないだろうか? 日本はスパイ天国と恥ずかしい汚名を食らっているが、確かにこのようなレベルではスパイが自由に暗躍出来るのは確かであろう。 そのことが露見したと思えば必要な事件でもあるのかもしれない。 防衛省での日報問題もある意味では企業秘密としてよいものであると思うが、公開されていないと叩かれる。 手の内をばらして国を守れるのだろうか? 自衛隊を骨抜きにしたい勢力がいるのではと思わざるを得ない。 ここ一連の世間を騒がせている問題の裏には日本国の弱体化を狙う動きがあるとしか考えられない。 幕末の頃の武士たちが、この騒ぎを知ったら嘆くこと間違いないだろう。 日本国をいかに守るかで世論が二分したが、外国の手口をそれなりに知っていたから対処しようと、それぞれの立場で努力していたと思う。 しかし、本来は日本国の安全と平和を守るべき存在たちが、お互いを叩きあっている。 その結果として小さな道義を守るために日本国の安全と平和を守るという大義を忘れていると私には思われてしまう。 これも北朝鮮に対する経済制裁の反作用なのだろうか? 中華人民狂和国の影が見え隠れするのが気のせいなのだろうか? それ以外にもCIAなども絡んでいないのかなと考えるのは考えすぎだろうか? 盗撮は問題になっているが、女性記者の盗録(音)も問題(犯罪)ではないのかという下村氏のは発言は。目くじら立てて騒ぐ問題なのだろうか? 女性記者→被害者→弱者と簡単に捉えて良いものだろうか? もし女性記者がいて、セクハラを受けていたとしたら、そして、それが嫌なら直ぐに担当を降りるべきだろう。 しかし、自分の立場を守るために敢えてその場に臨んでいたとしたら自業自得であろう。さらに福田事務次官に口頭で発言を止めるように 言えたと思うが、それはしなかったのだろう。 また、女性記者が存在したとして、そのような状況を上司に報告していなかったとしたら、それもまた彼女の問題であろう。 彼女にも欲があったと思うわれる。 そのような立場を使って出世をしたいのか?それとも何かを期待していたのか? 何れにしても、この時期に敢えて発表するということは、やはり何かの企てが存在しているとしか思えないのである。