2017年11月17日金曜日

韓国で地震

遂に韓国に地震が起きた。 非礼極まり無い韓国に対して、地球が怒ったのであろう。 慰安婦慰安婦と騒いでいるが、彼女たちはプロの売春婦だった。性奴隷とは違うのだが、愚かにも性奴隷と騒いでいる。 しかし、騒げば騒ぐほどに、かの国の男たちの無能さも光るのだが、まったく気が付いていない。 20万人もの女性が性奴隷になったと騒いでいるが、その間に当時の男たちは闘わなかったのかという疑問が湧いてくる。 何もしないで、見過ごすだけだったのだろうか? 日本でそのようなことが起きたら平和ボケした日本人でも騒ぐだろう。ましてや当時の日本人だったら尚更だ。 ともかく逝かれた民が朝鮮半島に集まっている。地球からしても、もういい加減にしろと言いたいだろう。 今後も文大統領をはじめとして、同じ地球に生きる者として、嘘でもって相手を貶めるような行為を続けたら、地球から さらに叱られることになるだろう。 平昌オリンピックもいい加減な施設を作っているので開催さが危ぶまれているが、地球を怒らせたら雪が降らずに地震が来て、開催どころではないことになるだろう。 そうなって初めて反省をすれば良いか、それもまた日本の責任だと言うのかもしれない。 サンフランシスコ市が見事に嘘つき国家大韓民国に騙された。そのまま続けたらサンフランシスコも波長が韓国と同じになれば、地球に叱られることになるだろう。 サンフランシスコ大地震など来てほしくないが、このまま慰安婦の設置を認め続けたら、可能性が増えることになるだろう。 あの慰安婦像は地球にとっても気持ち悪い針を打たれていることになるだろうから。 その理由は嘘と恨みと排他のエネルギーで作られた像であるからだ。 ところで性奴隷の定義がどうも我々の感覚とは違うようなのだ。 前借金という名の人身売買により身体を拘束され、自分のことを自由に決定する権利および移動の自由などが一部あるいは全部制限され、隷属状態で所有物として扱われる状態を奴隷状態。 人身売買の事実がなかった場合でも、最終的に慰安所のような拘禁施設で継続的に性行為を強要(強制売春)される状態ならば性奴隷状態。 さらに「最終的に強制的な性的活動に至る強制労働も含まれる。」とあるが、1996年に、国際労働機関(ILO)の条約勧告適用専門家委員会は、慰安所での女性たちの状態が1930年の「強制労働条約 第29号」(日本政府は1932年に批准)に違反していると認定している。 さて、ここで強制売春ということがひっかかる。彼女たちは強制売春させられていたのだろうか? 高い給料を目当に自発的に売春を行っていたと思われる。 中には自分の意思ではないものもいたかもしれない。 しかし、韓国の連中が言っていることを飲めないのは感情的なものではなく、ねつ造されているからだ。 それが正しいことは、今後も韓国内に色々と起きて来ることで理解されることになると思う。

2017年11月14日火曜日

トランプさんは

トランプさんのアジア歴訪は、歴史の分岐点になるのかもしれない。 北朝鮮の奇襲を、リメンバーパールハーバーに置き換えていたのだろうし、横田基地に降りてまずは兵士たちにエールを送った。 最高司令官として演説をしたわけだ。そして安倍首相との会談。米国軍の最高司令官であり大統領であるという立場で安倍首相と 会談しているのだから、やる気満々であるのだろう。 イバンカさん日本来訪だけで帰国してしまった。簡単にいえば人質になる可能性が全く無いとはいえないのだろうから、安全を考えて 急遽帰国ということなのだろが、これも北朝鮮や韓国へのサインなのかもしれない。 習近平を持ち上げたトランプさんだが、国家主席となって最大権力を持った彼に対して、大国の長になったのだから、北朝鮮ぐらい簡単に 言うことを聞かせられるよなと言っている可能性もあるだろう。 習近平の立場を理解して、面子を潰さないでいたトランプさんは、アジアのマフィアの親分を脅かしたようなものだろう。 それでも中国が何もしなければ、中国にも言える。「おまえの立場を立ててやったのに何なのだ!」と。 韓国に対しては軽蔑していることだろう。自立心なく、告げ口外交しか出来ない連中は信じるに値しないと判断していると思う。 中国の顔色を窺い、また米国には協力的ではない韓国の運命は風前の灯となったということだろう。 下手をすると来年の春には事を起こすかもしれないのかなと思うところもある。 平昌オリンピックの開催を妨害しては米国の評価を下げることになるだろうから。オリンピック以後に何かを考えていると予想している。 現在の朝鮮半島は南北に分断されているが、事が治まれば今度は斜めに分断されるかもしれない。 左袈裟切りである。日本海側に面する部分は米国管理。その反対は中国管理である。 全てを中国に委ねる可能性もある。その結果は日本としては怖いものになるが、それによって日本国民が目覚めることになるのかもしれない。 平和憲法に祝着していても意味が無いことを知る日が来るからだ。 面白いことに永世中立国でもない日本が、この憲法に守られていると信じている人たちが多いが、それは幻想だろう。 そんな憲法があっても北朝鮮のミサイルは日本国上空を飛び、また日本海も着弾している。 日本の長きにわたる冬眠状態から目覚めるにはショック療法が必要なのかもしれない。

2017年11月5日日曜日

トランプ日和

今日も晴天! オフになった。トランプ大統領の来日でもあった。 その為か良い天気。トランプ日和と言っても良いのかもしれない。 D810&SP45をお供に。 そこで今日も散歩をした。 今日は7000歩ちょっと歩いた。
綺麗なススキがいた。繊細な感じ。 色も綺麗だった。
こういう日差しの中を歩いた。暖かかったが、日陰は少し寒い。寒さにも芯があるようで、冬を思わせられた。
ウエスティンホテルの前を歩くと馬と馬にあった。赤い馬と黒い馬。
赤い馬は、フェラーリ。跳ね馬。
黒い馬は「青」君。新婚さんのお披露目馬車を引く。 今日の仕事は無事終わったらしい。

2017年11月3日金曜日

久しぶりに散歩

好天に恵まれた今日は、久しぶりに都内を歩いた。 2万歩ちょっと。
今回は全てD810&SP45。 東京タワーまで歩くと1時間ぐらい。真下から一枚。
今日は久びりに愛宕神社へ参拝した。
この階段が有名な出世の石段。上る時は上を見ると危険。 後ろに引きづられる。下手をすれば落ちる。
どれだけ急なのかは、この画像を見てくれたら分かると思う。 命がけの参拝でもある。

2017年11月1日水曜日

D850に触れて来た その2

D850&60micro60mmf2.8 D850の撮影にショールームにあったD850で撮影させてもらった。マイクロ60mmf2.8がついていた。
D850µ60mmf2.8 これもマイクロ60㎜f2.8、微妙に暗いレンズのよう。
D850&DP45 これもSP45で撮影。最初のマイクロでは露出がイメージとは違っていた。 タムロンの画質は問題無い感じ。借りたD850はJPG&RaW設定になっていた。時間が無いなかで急いで撮影して、詳細な設定は出来なかった。 タムロンでこの結果が得られるなら十分でしょう。 来年の1月から4月のどこかで入手できるのだろうと思うが、どうなることやら。生産状態は逼迫状況とニコンが悲鳴を上げているので。 でもこれで売り上げが上がればニコンも少しは復活出来るのだろう。 ニコンは一眼の世界を大切にすべきでしょう。レンジファインダーではライカに叶わなかったが、一眼でライカを追い込んだ。 コンデジなんかで追い込まれてもつまらない。 基本は一眼で頑張ることがニコンをニコンたらしめることになると思う。
D850&SP45 今日の一番はこれかな。

D850に触れてきた。

D810&SP45 今日は銀座のニコンプラザでD850に触れてきた。 まず大きさを比べてみたがD810より僅かに小さい。重さは重いのかも
D850&SP45 D850約915g(本体のみ)寸法(幅×高さ×奥行き) 約146×124×78.5mm D810約880g(本体のみ)寸法(幅×高さ×奥行き) 約146×123×81.5mm 寸法を見て見るとほぼ同じ。小さいと感じたのは奥行きがD810より短いからなのだろう。 高さは1mm高いのだが。 シャッターの切れは良い感じ。D810の方が緩やか。音はそんなに悪い感じはしなかった。 液晶モニターに映る画像は綺麗だった。これを見てしまうと、導入しかないかと思ってしまった。 FXの画像サイズが8256×5504ピクセル(サイズL:4544万画素) D810は7360×4912ピクセル(サイズL) エンジンも変わり裏面照射型CMOSセンサーはフォトダイオード上に光の進入を妨げるものがなく、入射光はより効率的にフォトダイオードに到達するとのこと。 CMOSセンサーは余計なものが無くなったので、ストレスフリーのような感じになったのだろう。 まあ良い感じだ。D810もいいボディだったが、D850はよりストレスフリーになったようだ。
D850&SP45
D810&SP45 サクサク撮れて気持ちいいD850 D810もオーバーホールしているのだが、のんびりした感じ。 これなら苦労しながらでも導入しても良いと思えてしまう。

2017年10月30日月曜日

D850

今日、予約した。来年になることだろう。 久しぶりの好天。庭で撮影したくなった。
久しぶりにF017を使ってみた。